スタッフ紹介

春田 正毅Masatake Haruta

首都大学東京大学院 都市環境科学研究科分子応用化学域 教授

金の触媒活性を最初に明らかにした研究者。金は、科学的に安定なため、触媒としては使えないとされてきた。しかし、金を5nm以下のクラスターにして金属酸化物の上に担持することで低温でCOの酸化が出来ることを明らかにした。この発見により金ナノ粒子の触媒活性を調べる研究が活発に行われるようになった。

ハルタゴールド株式会社|金ナノ粒子触媒|首都大学東京大学院|都市環境科学研究科分子応用化学域|教授|春田正毅写真

ハルタゴールド株式会社|金ナノ粒子触媒|首都大学東京大学院|都市環境科学研究科分子応用化学域|教授|研究中の写真

学歴

1970年 名古屋工業大学 工業化学科卒業
1975年 京都大学大学院 工学研究科工業化学専攻博士課程修了
1976 – 1990年 大阪工業技術試験所 研究員
1981 – 1982年 ルーバンカトリック大学(ベルギー)客員研究員
1990 – 1994年 大阪工業技術試験所 機能応用化学部触媒化学研究室 室長
1994 – 1994年 ウィーン工科大学 客員教授
1994 – 1999年 大阪工業技術研究所 首席研究官 兼 基礎融合特別研究室 室長
1999 – 2001年 大阪工業技術研究所 エネルギー・環境材料部 部長
2001 – 2005年 産業技術総合研究所 環境調和技術研究部門 部門長
2005 – 2009年 首都大学東京 都市環境学部(材料化学コース)教授
2009 – 2012年 首都大学東京 都市環境学部(分子応用化学コース)教授
2012 – 現在 首都大学東京大学院 都市環境科学研究科分子応用化学域 教授

受賞歴

1992年 近畿化学協会 第44回化学賞
1997年 第15回大阪科学賞
1998年 科学技術庁長官賞(第24回研究功労者表彰)
2002年 平成13 年度触媒学会賞
2002年 International Precious Metals Institute, Henry J. Albert Award
2009年 Academia Europaea, Foreign member
2010年 日本化学会賞
2011年 Royal Society of Chemistry, Spiers Memorial Award and Fellow
2012年 Chinese Academy of Sciences,
Visiting Professor for Senior International Scientists
2012年 Thomson Reuters Citation Laureate:(ノーベル賞有力候補者)

武井 孝Takashi Takei

首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域 准教授

専門・研究分野:固体表面化学、コロイド・界面化学、固体触媒化学
最終学歴・学位:東京都立大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了・博士(工学)

武井孝写真

竹歳 絢子Ayako Taketoshi

首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域 助教

専門・研究分野:触媒化学、有機合成化学
最終学歴・学位:横浜国立大学大学院 工学府博士課程後期 機能発現工学専攻 修了・博士(工学)

竹歳絢子写真

石田 玉青Tamao Ishida

首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域 特任教授

専門・研究分野:固体触媒化学
最終学歴・学位:京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士課程修了・博士(工学)

石田玉青写真

村山 徹Toru Murayama

首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域 特任教授

専門・研究分野:触媒化学
最終学歴・学位:東京工業大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 (博士)

村山徹写真

柴田 徹Toru Shibata

首都大学東京 総合研究推進機構 URA室 主任URA・主任研究員
株式会社ビズ・ビタミン 代表取締役

柴田徹写真